• 古き良き日本の原風景
 延慶2年(1309)の開山という曹洞宗の寺です。始めは天台宗でしたが後に衰退し、天文6年(1537)遠州可睡斎からの分霊を安置して再興し、現宗に改められたと言います。
 地域に溶け込んだ寺で、江戸時代には寺小屋を設け、明治6年には境内に須川小学校を開校しています。境内には、山門・本堂・鐘楼・庫裏などがあり、室町末期から江戸時代初期にかけて造営された山門と本堂が県の文化財指定になっています。

泰寧寺

〒379-1418
群馬県利根郡みなかみ町須川98
TEL.0278-64-1131

20160309-taineiji001.jpg

本堂

泰寧寺の本堂の欄間と須弥檀は昭和26年(1951)、山門は昭和28年(1954)にそれぞれ群馬県指定重要文化財に指定されています。

20160309-taineiji002.jpg

20160309-taineiji003.jpg

20160309-taineiji004.jpg

20160309-taineiji005.jpg

20160309-taineiji006.jpg

20160309-taineiji007.jpg