たくみの里

カタチに残る想い出作りのできる里

SCROLL

道路情報
4月14日(水) 09:00 現在、たくみの里までの道路状況は通常どおりです。

のんびり里山めぐり

自転車で野仏めぐりをしたり、里山の歴史に触れたり。
さまざまな過ごしかたがたくみの里にはあります。

野仏を探しにたくみの里をぐるり

道の駅たくみの里においてある「野仏めぐりマップ」を利用し、たくみの里に点在している9ヶ所の野仏をめぐりながらのスタンプハイク。全部回ると最後の泰寧寺で記念品がもらえます。

たくみの里の歴史をたどる

たくみの里は、江戸時代、旧三国街道の宿場町として行き交う人を休める重要な役割を果たしていました。点在する史跡をめぐれば、宿場町の歴史、農村の歴史を感じることができます。

レンタサイクルで気軽に里山散策

             

たくみの里の散策に最適なレンタサイクルは「農産物直売所」で貸し出しています。申込書に必要事項をご記入の上、農産物直売所のレジにて料金をご利用前にお支払いください。
坂道もラクラク電動アシスト自転車が800円(税込)でご利用いただけます。

里山めぐりのあとは温泉で一休み

自然豊かなたくみの里周辺は、泉質に優れた湯が湧き出る温泉も豊富。群馬北部の秘湯、名湯に浸かり、里山めぐりに疲れた体を癒してください。

たくみの紹介

Vol.6

おめんの家

高橋はつ子

たくみの里の伝統と風土を教えてくれる場所。

たくみの里と“お面”には、実は深い縁があります。近隣の泰寧寺に、火防守護神である烏天狗がまつられていることから、たくみの里で毎年秋に開催される豊楽まつりでは、顔の長さ3.9m。クチバシの高さ2.1mの大烏天狗面を担いで、里じゅうを練り歩きます。数多くの面を代々作りつづけてきたのが、「おめんの家」。2代目店主の高橋さんから、たくみの里の伝統ともいえるお面の魅力とその歴史を知ることができます。

たくみの里の最新情報や
イベントはこちらでチェック!